今回は、悩める検事とあまり悩まない犯人の取り調べを中心に展開する、

真犯人を「捜さない」クライムコメディー(?)です。

アラフォーの小市民たちが無理せず頑張る110分のお芝居。……のハズ

『検事と犯人のフィクション術』(2019.4.10-14)

story

現代のお話。

実演販売員・猪戸 佐平次は、流れ流れて北国・四色郡を訪れる。

出会う人間とすぐ仲良くなってしまう彼は、

持ち前の「居残りグセ」を発揮し、

四色郡の片田舎にすっかり居着くことになる。

しかしある日、佐平次は警察に捕らわれてしまう。

容疑は「銃刀法違反」。

彼の部屋から、身に覚えのない拳銃が9丁見つかった。

佐平次の無実を証明しようと、

四色郡で彼と仲良くなったアラフォーたちは

身体を壊さない程度(関節を痛めない程度)に奮闘する。

そして、検察で佐平次を担当することになった検事・小田桐 啓は、

不自然に逮捕された佐平次を救おうか救うまいか、

良識と組織の板挟みに遭いながら、大いに悩んでいた。

cast

内藤羊吉 内海詩野(演劇集団 壺会) 用松亮 加藤玲子

亜カリ友洋(コヒツジズ) 佐藤匡(劇団花鳥風月/朗読楽団おとぎ日和)

星野祐介 さわまさし

staff

脚本・演出/星野祐介

音響/岡村崇梓

照明/佐瀬三恵子

美術/いとうすずらん

舞台監督/松澤紀昭

宣伝美術/上野隆文・栃木香織

演出補助/足立涼子

制作/奥田英子(演劇ユニットG.com)

time table

2019年4月

10(水) 19:30

11(木) 19:30

12(金) 19:30

13(土) 14:00 / 19:30

14(日) 13:00 / ★17:00

theater

下北沢・Geki地下Liberty

ticket

ご予約はこちら→ 予約フォーム

日時指定・自由席

 

前売3300円 学生1000円(要証明) 当日3500

★千秋楽 3000 円(セット割引対象外 ・要予約)

 

【セット割引(お一人様の料金)】

ペア割引 3200 円/3名様以上 3000 円(要予約)